厚生労働省役人が深田自宅へストーカー事件 (2022.1.18) No.194


本日はですね厚生労働省の自称お役人様が、深田萌絵の自宅を訪問して、厚生労働省の役人様がわざわざ訪問して、何してるんですかみたいな、ちゃんと監視アプリ使ってますかみたいな、そういうことをわざわざ家に言いに来たので、そういうことについてお送りしたいと思います。

今日何があったかと言うとですね、まあねいろいろあったわけですよ厚生労働省とは。厚生労働省が1990年代の残留邦人、残留孤児帰国事業の際にですね、なんと日本人ではない全く関係のない中国人を、日本人だと偽って大量に受け入れ、その時の弁護士は笹川財団、日本財団とか笹川系の財団から金をもらった弁護士が、ニセ日本人に大量に厚生労働省の役人と共に日本国籍を付与し、そのあと日本財団とかの語学学校で、日本にやってきた中国人に日本語訓練をし、そこでで知り合った者同士が徒党を組んで半グレチンピラになってですね、日本の社会をお騒がせしているという、そういう事態になっているんですが。私が発見したそれの一部に、残留邦人のお孫さんになりすました中国スパイの F 君という人がいてですね、そういうのを隠蔽するのおかしいんじゃないのっていうこと言ったら、なんと国会開いてまで厚生労働省の役人が出てきてですね、いやいや中国人に国籍を与えるのはいいんです。死後婚姻もオッケーです。死んだ後に産まれてもいいんです。DNA鑑定は必要ありません。なので法的には完璧なんですということをやってですね隠蔽して回ったという、そういう曰く付きの事件を起こしたのが、厚生労働省の役人なんです。

なんとそのお役人様が本日深田萌絵の家に来ました。何しに来てんねんみたいな。何しに来とんねんみたいな感じなんだけど。今日朝の11時頃だったかないつも通りですね、家に帰るといろいろ書類が溜まってるんですよ。山積みになった封筒があって、それを一個一個開けてですね、これはどうでもいいやつ。これは請求書だったとかね。これはなんか印税の何冊売れたっていう証明書だったみたいなことがあるんだけど。

そうやってこう分類してたら、ピンポンって鳴ってですね。インターホンを見ると宅配便ですみたいな感じの人が居てですね。はいはいピッて押したら、押してドアがパーッと開いてですね。オートロックのドアが開いたんですよエントランスの。その時にあれっと思ったんすよ。宅急便の人はそのピンポン押した人の後ろにいる人が宅急便で、その人は何の荷物を持ってなかったわけ。あれなんか私おかしいなと思ったんですよね。なんかおかしいなと思ったんだけれども、今このアパートもですね、古いアパートだからメンテナンスで、けっこう排水管のメンテナンスとか、いろんなシステムのメンテナンスで人が来るので、まぁそういう人なのかなと思ったらですね、なんと家の前にまで来て、実は厚生労働省の役人ですと。あなたが本当に家にいるのか調査に来ましたみたいなことを言って、ハァなんじゃお前って思ったんですよ。
「監視アプリのMySOSの使い方わかりますか」って言われてですね、「わかりますよ」「使い方わかるんですか」って聞かれるんで、「分かりますよ」「じゃあ使い方の紙を持ってきたんですけど、これ置いていきましょうか」って言われてですね、「要りません。要りませんよ。使い方わかってるし、要りませんよ」って言ったらですね、「じゃあポストに投函していきます」って言って、いや要らねえって言ってんのに、私の家の前まで来てですよ、それでポストに投函してきやがったんですよ。意味わかんなくないですか。そんなことやってる暇があったら、隔離ホテルに届いた私の荷物、お前ら盗んだものを返せと言っているんだが返さないわけですよ。

何盗んだかわかりますか皆さん。めっちゃしょうもないんだけど、私のスプーンをですね彼らは盗んでるわけですよ。じゃあなんで盗むんだって話でしょ。なぜスプーン盗むんですかって言うと、それは危険物だから、スプーンは荷物から取り除かなければならないんだって、私の荷物検閲して、宅配便で届いたもの全部開けて中身チェックしてね。下着とか、スプーンとかをチェックしてですね。スプーンは危険だからこれは私のものだと言ってんですね、厚生労働省の嘱託先の人達が持ってっちゃって、返してくれないんですよ。いやいやスプーン返してくださいよ。
スプーン返さずに、人の家に来て要らねって言ってるこの紙置いてくってどういうことなんだよって思ったんですよ。キモイ高学歴奴隷ですよね。

電話を下さい電話番号03-6757-1038音声ガイダンスに沿って8番を押してください。要らないってこの紙って言ったのに、なんで置いていくのかが全然意味がわかんないと思いました。
なんだろうね。どうでもいい物を、人の家にノコノコやって来て、ストーカーのようにやって来てですね電話下さい03-6757-1038です。ガイダンス8を押してださい。そんなこと言う前に、お前は私に返すものがあるだろうがという風に思いました。
その紙見せましょうかこれです。こういう紙をね、わざわざ私の家のですねポストに投函に来る。じゃあこの紙をポストに投函しましょうかって言われて、私要りませんって言ったら、じゃあ投函しますって言って投函したんです。
なんだろうなあ、ちょっと頭がおかしいなんじゃねー。 NHK級にヒドイよね。要りますか。要りませんって言って、じゃあ置いてきますみたいなさ。NHK見たいですか。見たくないです。じゃあ受信料を払ってくださいみたいな。こいつら本当に頭おかしいよねと思ったもん。 Netflixのドラマ「新聞記者」で批判されるだけあるよ。あの頭がおかしいという点では Netflixのドラマシリーズになってもおかしくないことやってますよねってちょっと思いましたねえ。

何だろうね。しかも厚生労働省の人間ですとか言いながらさ、本日は厚生労働省が委託運営する入国健康確認センターの業務の一環としてお伺いしましたって、お前厚生労働省じゃねえじゃん。厚生労働省の方から来ましたじゃんみたいな。身分まで偽っていやがるだけどと思って、こういう身分を平気で偽る。身分偽ってオートロックをくぐり抜ける。要らないと言ってるのに、なんか紙を投函していく。お前らやってることが、発想が全て NHKそのものなんだよ。と言う風に思いましたね。

なんかねチャイニーズかタイワニーズだったのかなこの人達。何だったんだろねこの人達ね。ちょっと頭がちょっとまともじゃない人たちの集まりだと思うんだけれども。この入国管理ね。これ入国管理庁の委託先なんだって言ってるんだけど、入国管理やってねぇじゃんそもそも。わけわかんない外国人こんだけ入れといて、仕事をやってるような、俺たちは仕事を完璧にやってるんだみたいな、そういう偉そうな顔すんなって思うわけですよ。そういう風に思いましたね。
この国の公務員の腐敗、汚職ちょっと頭がトチ狂ってるのレベルがですね、ちょっとあの一般国民の予想を上回ってるんですよね。

皆さんに今回私が泊まったホテルどこなんですかっていう風に聞かれてですね、もうちょっと我慢して言わないでおこうかなと思ったんだけども、元ラディソン成田というそういうホテルで、成田の近郊ホテルでライソン成田っていうものがあって、今はインターナショナルリゾートホテル湯楽城っていう風になってるわけなんだけれども。そこに6日間寝泊まりしてですね。あまりにも汚いホテルで、私はアレルギーで、これ皆さんこの色ねアイシャドウじゃなくて、赤く腫れてるんですよ。アレルギーでアイシャドウじゃないですからね。唇が赤いのはリップだけど、この唇の上が赤いのはこれもアレルギーですから。あまりにも汚いホテルに閉じ込められてたんで、あまりにも汚いし、人に届いた荷物検閲して、その上盗むし、そして返さないし、コールセンターに電話して返して下さいって言ったら、ハァそんなのわかるわけないでしょ。いろんな部署通ってくるのに分からないわよ。ハァーみたいなそういう対応だし、そしてそいつの上司は謝りもせず、返しもしない。盗んだ物返しもしないとね、そういう状態なわけですよ。

それだと国民として普通に不満を抱きますよね。その返すべきものを返していないのに、人の家にストーキングしてきてですね、身分を偽って最初は宅急便ですとか言って入ってきてですね。実は厚生労働省の役人でするとか言って、単なるバイトだったみたいな。もう腹立ってしょうがないわ。全て竹中平蔵が悪いんです。竹中平蔵が悪いんですって言ったら話がボケちゃうんですけど。
まぁね厚生労働省っていうのが、そういうところだという風にあの皆さんねえちょっと理解してもらえばいいかなと思います。こういう紙をね配って歩いてるんですけど、こんなもの配られたって、どないせえゆうねんって言うね、というふうに私は思いましたね。

コメント

非公開コメント

プロフィール

山本 健次

FC2ブログへようこそ!