空港警備員ほぼ外国人の実態放置で、国防を語るとかおかしくない? (2022.1.14) No.190


今回は外国人空港警備員で本当に日本は国境を守れるのか、ということについてお送りたいと思います。
今回日本に帰ってきて驚いたのは、岸田政権が新規外国人の入国を一切禁止するという、そういうことを発表しているにも関わらず、入国者の内の2、3割は外国人なんですよ。外国人ぽく見える日本国籍保持者なのかなあと思って、ジロジロ見てもですね。確実に外国のパスポートで入って来てるわけですよね。なので新規入国で外国人を入れないというあの話はそのなんだろうな、嘘で、また私達は政府にしてやられたということなんですね。
これなんだっけ去年ね菅政権の時もあったし、安倍さんの時はね外国人をいっさい入れないという約束すらしなかったのだけど、外国人を入れない、そうやって自分たちは水際対策をしているんだって口先で言ってる割には、ガンガン外国人を入れていて、そして国民に不自由な思いをさせるという、この構造は全く変わっていないということなんですよ。
でもう一つね最近中国が台湾を侵攻するって言うね、台湾有事のことについて結構言及されるね政治家の先生も多いんですけれども、その時にはですねやっぱり台湾は日本にとってのお友達だから、日本が台湾を守らなきゃいけないんだっていう、そういう論調を築いていらっしゃるんですよね。それもわかるんだけれども、その前にですね、自分の国の国境を自国民で守れない国がですね、一体どういう発想でそんな上から目線でお前の国守ってやるよみたいな、そんなこと言えるのかなとすごく不思議に思いました。この国境を管理するっていうところですね、空港警備員がですねほぼ外国人だし、その日本人の帰国して来た日本人の個人情報を全部中国人に預けて、しかもそれをアプリに登録して、アプリに登録した後にRCEPでそれが中国に流れていても止める術がないんだよね。そういう状態になっているにも関わらずですね、何が台湾有事で日本が台湾を守ってあげなきゃだって言ってるのかと思うと、私はちょっとそれは自分のことをちゃんとやるべきことやってから言うべきなんじゃないのかなと思いました。特にですね空港は有事じゃなくても、有事が起こるだろうという一番最初に狙われるだろうという場所であるはずなのに、そこを外国人に全面的に警備を任せるとか、そういうのは一体どうなんだろう。
じゃあ尖閣諸島を護るのは全部外国人の警備員に任せましょうと公の場で言ったら、それなりに炎上するわけですよね。そういうことをですね成田空港を外国人に全面的に運営を任せて、警備も個人情報の取扱いも全部外人に任せてますっていうことを隠しながら、自分たちはこの国を守ってるんだっていうポーズだけを取られると、私は非常にちょっとそれはおかしくないですかと思います。
外国の方が日本で働くっていうのがおかしいとか悪いとか思わないんだけれども、場所によりますよね。そういう個人情報を取り扱う場所とか、後はその日本の安全保障を守るような場所は、やはり日本人がちゃんと管理しなきゃいけない、そういうお仕事なんじゃないのかなという風に思います。
この成田空港の警備をやってるのはですね株式会社アイムという会社で、結構なんて言うんだろうな老舗というのかな。1990年に設立されて成田にあるんですけれども、ちゃんと千葉公安委員会認定のね会社で、しっかりとした会社だと思うんですけれども。
コロナになるまでこんなに目立って外国人の警備員が空港内を闊歩しているって言うのを見たことがなかったので、かなり驚いたんですよね。
業務の中でですねやはり空港で保安検査をする時に、守るための仕事をしてるっていう風に書いてあるんですけれども、じゃあなぜその仕事を全面的に外国人にやらせているのか不思議だなという風に思いました。
もちろんね通訳の派遣のお仕事なんかもされてるので、通訳はねやっぱり各国の現地の方で日本語が堪能な方の方がいいかもしれないってのは分かるんだけれども、なぜ警備が全面的に外国人になっちゃったのかっていう、その経緯は全然何も発表されていないので、かなりね私は驚きました。
コロナになる前に自分が気づかなかっただけかもしれないんですけど、コロナになる前はここまで全面的に外国人が日本の空港を管理しているっていう、そういう状況を見ていなかったので、かなりねカルチャーショックを受けました。
やっぱりね政治家にもその辺どう思ってるのかっていうのをね聞きたいんですよね。特に愛国政治家達は台湾を守ろうとか尖閣を守ろうって言っていてですね。もちろん台湾も尖閣も守らなきゃいけないんだけれども、まずは空港をね何とかしていかないといけないですよねっていうところもですね。もう少し注目をしてもらいたいかなという風に思いました。
もし政治家のパーティーなんかに参加されて、直接聞いてみる機会があったら、どうしてその成田空港の警備は外国人がやっているんですかということを聞いてみてもらえたらいいかなと思います。

ということで本日のお話はこれくらいなんですけれども、ちょっと雑談をしようと思います。まだ今日もですね見ての通りホテルで隔離期間なんですけれども、ちょっと今は帽子をかぶっています。なんで帽子を被っているかって言うとですね。寒いんですよ。なんかツイッターを見てると、日本の隔離ホテルは暖房も効いてて温かくって、 wi-fi使いたい放題で、すごく快適みたいなねことがツイートされているんですが、私はですね今回は比較的広いお部屋で、23平米の広いお部屋に入れてもらってすごくありがたいな。15平米よりはすごく嬉しいなと思ってるんですけれども、結構古めのホテルで、空調設定が高い中くらい低いの三段階のスイッチしか無くって昔のホテルらしくって。そして何だろう一括管理なのかなビルの。なので壁に備え付けてあるところから風が出てくるだけで、その温風だとか、冷風だとかは自分で選べないようになってるんですよ。たぶん暖房にはなっているとは思うんですけれど、出てくる風は実際けっこう冷たくって、頭がとにかく寒いんですよなんか。なんかメッチャ頭が寒いと思って、それなので一日中、部屋の中で帽子を被って過ごしていく、そういう生活をしております。

コメント

非公開コメント

プロフィール

山本 健次

FC2ブログへようこそ!