左翼による政治風刺映画「ドントルックアップ」がリアルすぎてヤバイ! (2022.1.7) No.183


Netflix という左翼配信会社があるんですけれども、 Netflix でドントルックアップという政治風刺映画が出たんです。これがなんか結構やばいレベルで、左翼をディスってるように見えたので、こんな左翼配信会社による左翼俳優たちの左翼ディスり映画があっていいのかなーってちょっと驚いたので、どういう映画なのかお話をしようと思います。これも100%ネタバレなのでネタバレ聞きたくないという人は見ない方がいいと思うんですけれどもこれネタバレしてみてもやっぱり面白いというのが、この映画の見どころなので皆さん聞いても大丈夫です。
これは制作費75億円、メインキャスト、レオナルドディカプリオ、ジェニファーローレンス、アリアナグランデ。なぜかアリアナグランデが出てきて、メリルストリープにティモシーシャラメという、制作費のほとんどお前キャストに使ってんだろうみたいなそういう映画なんです。
そもそもこのデカプリオの出演料が、初期の映画の製作費を軽く上回っていたということで色々物議を醸した映画なんです。主演俳優デカプリオとジェニファーローレンスちゃんなんです。私はジェニファーローレンス結構好きなんです。ジェニファーローレンスはバトルロワイヤルとか、あともう一つレッドスパロー、ロシアのスパイ映画の主人公を演じていたんです。
彼女は不思議な魅力のある女優なんです。すごく意思が強くて、頭がいい女性を演じるのは非常に得意な女優なんです。ミートゥー運動皆さん覚えてますか。数年前にアメリカで起こった、ハリウッドで中心に起こった女性差別反対運動なんです。ワインスタインという映画監督がいて、その映画監督に Hなサービスをしないとハリウッドの女優にはなれないという伝説があって、それで裸で横たわっているワインスタインにマッサージをするサービスをさせられた女優がいっぱい出てきて、いっときは売れたんだけど、売れなくなった女優が出てきて、あれはセクハラだったんだ、エッチをする同意はしてなかったけど、映画で役が欲しかったからエッチするしかなかったんだ。でも同意してないみたいな感じで運動するというセクハラ反対運動があったんです。
ちょっと女性として聞いてて恥ずかしいような気もするんだけれども、本当のセクハラっていうのは、エッチなことをしたら役をあげるよって言われたら、言われた時にお断りして役がもらえなくなるというのであれば、それはセクシャルハラスメントであり、パワーハラスメントのような気がするんだけれども。最近はいろんな路線があるようなんだなと思いました。

そのミーツー運動の中でジェニファーローレンスちゃんは唯一、ワインスタインにセクハラされたんじゃないのって言われた時に、自分にはそんなことが無かったので分からないですってはぐらかしたという数少ない女性です。
ジェニファーローレンスちゃんの何が良いかっていうと、私はもうめっちゃ大好きなんですけれど自然体なんですよ。自分は超ポリコレよみたいなた感じでもなく、ごくごく自然な感じの女性で、どこが一番自然かと言うと体型なんです。彼女は自分はハリウッド一の大食いといって、本当に炭水化物もりもり食べる。それで結構ふくよか、太ってはないんだけれども、ハリウッドの女優ってみんなすごい痩せてて、すごい筋トレしてて美し過ぎてみたいな感じの造形美追求しすぎみたいな部分があるのですが、ジェニファーローレンスは普通にしっかりご飯を食べて、ちょっとふくよかな体型なんですが、そういうのも別に気にせず、それでも自分は女優としてやちゃんとやってるんだみたいな、ちょっと女性に希望を与えてくれるそういう女優なんです。

(中略)

ほんともうやばい面白いから見て欲しいんです。これ台湾人の人が台湾にすごく似てるって言ってる人がいるんですが、日本もこんな感じなんだけどと思ったんです。なぜかって言うと、 IT業界が中国に支配され始めてる。中国のスパイがいっぱいいるんだっていうことに気が付いて、それを政治家に相談したら、特に拉致被害担当の政治家に相談したんです。そしたら最初は大変でしたね、色々調べてみますよみたいな感じだったんですが、その後どうなったんですかって聞いたら、なんと恫喝されて、土日に電話するなんてどういうつもりなんだよって、恫喝されてその後無視されたんです。
そして私は何の名もない起業家だったので、しょうがないから自分で執筆を初めて、拡散をするということを始めたんですが、そしたら今度は SNS上で深田萌絵は嘘つきだ、デマだ、証拠が無いって言われて回り、そして証拠を出しても証拠を出しても、そんなの証拠じゃない。デマだっていうことを言われて、みんなちゃんとしっかり中身を読まないので、証拠を添付しても証拠を見落としちゃったりとか、過去の記事まで読まなかったりするんで、なるほど深田萌絵はウソつきなんだな。中国のIT企業は日本を侵略しようなんて嘘だよねみたいなことになり、それでも頑張って人を集めて色々話をすると、最後は東京地検に捕まると言う、そういう去年の私にそっくりだみたいだと思いました。
それでも私はこの日本を変えようと思ってるんですが、日本だけじゃなくて、もうこれ日本だけの問題じゃないんで、世界を変えていかないといけないなと思ってるんです。今の世界を変えることができるのは技術だけで、通信監視されない通信技術を作り出すっていうこと、今は設計だけはしていて、リリースはしないんですけれども、後その五毛が参加できない、五毛党がこっちを攻撃できないようなそういう技術も出す。そしてこっちが情報を提供しようとしたら DDoS 攻撃でサーバー攻撃で潰すってことが選挙のたびにあるので、その DDoS 攻撃で潰せないそういう仕組みを作る。そしてDDoS 攻撃を受けたら、反撃する仕組みまで作っていくしかないんじゃないのかなと思っています。
皆さんお待ちかねの講演会のお知らせです。深田萌絵帰国記念講演、メタバース台頭と半導体不足、中国の支配戦略を覆す秘策はこれだということで、令和4年1月29日の土曜日の2時から、横浜関内ホールで開催されます。前売り券が2000円、当日券が3000円、主催はかがやく日本朱雀会さんが開いてくださいます。
この講演会なんですけど、かがやく日本朱雀会さんのアカウントが BAN されちゃってですね。なんと拡散できないから、深田さんガンバって下さいと言われてしまいました。
今回は日本にいる期間が短いので、もしかしたら都内、首都圏の講演会は本当に数回になってしまう可能性があります。
これで名古屋、大阪、福岡まで行くと、これは関内ホールなので横浜なんですけれども、首都圏の講演会がそんなに数うてないと思うんです。なので皆さんよかったら是非ともご参加下さい。参加するための URLはどこに書こうかな。後で説明欄とコメント欄に貼り付けておきます。
ということで、ドントルックアップみんな見てほしい。ほんと面白いから、本当ね笑うよ。色んな所にそのねシンボル、いろんな政治風刺の表象が散りばめられています。特にメリルストリープがエルメスのバーキンチックの鞄持ってんです。このバーキンというのは女性が憧れる最高級のカバンで、普通の鞄で150万とか、そしてクロコのカバンで500万とか700万みたいな鞄で、もう神田うのさんと結婚するような人じゃないと、そんな何個も買えないだろうみたいな鞄を、メリルストリープ大統領はお持ちになっているんです。
エルメスのバーキンといえば、某官房長官とか幹事長クラスと仲の良いフィクサーがございまして、そこに行くと50ぐらいの縦ロールの元ホステスみたいな女性が、バーキンを机の上に置いて事務仕事してるんです。絶対お前事務じゃねえだろみたいな。香水すごいし、なんだろうこの人と思って歩いていたら、そのフィクサーとこの事務員の男の人みたいなが出てきて、あの人は某○○大臣の元愛人で、囲うのが嫌になったから引き取ってくれって言われて引き取ったんです。そういう思い出の鞄がエルメスのバーキンです。ということで一度は持ちたいエルメスのバーキン。安くて100万円高くて700万とか。でもなんか神田うのちゃんの YouTube 見て欲しいんですけど。神田うのちゃんのご主人からのプレゼントもエルメスのバーキンは、留め金の所にダイヤがびっしり入ってて千何百万とか2千何百万みたいなお値段でした。
ということで本日もありがとうございました1月29日の講演会是非申し込んでください。後で説明欄そしてコメント欄に URL を貼っておきます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

山本 健次

FC2ブログへようこそ!